菅谷敬さんの報告「難聴に御守護」(談)

藤沢から参りました菅谷敬と申します。

私は以前「神慈秀明会」に所属しておりました。息子は小学2年生なのですが、小さい時から言葉が遅くて、人の言ってることが余りハッキリと通じなくて判らないところもあったのですね。

それで小学校に入学して「耳鼻科で検査をしてくるように」と言われました。そして検査を受けたところ、鼓膜がまったく震動してなかったのです。それでも言葉はある程度は理解できていました。

今年の1月に初めて楳木先生にメールをさせていただいて、3月に川崎支部の月次祭に参拝させていただき、メシヤ講座にも参加させていただきました。そして私も息子も浄霊力を拝受させていただきまして、息子が自己浄霊に取り組み、私も取り次いできました。

楳木先生から急所を教えていただきまして、ご浄霊をさせていただきましたが、1ヶ月もしない内にドンドン耳が良くなってきまして、本人にすると「急に音が大きくなってきた」と言うのですね。こちらは「うう~ん?」と思っていまして、1ヶ月半位して学校でまた検査があったのです。

今回は大丈夫だったのですね。多少はボワ~ンとすることもあるらしいのですが、ドンドン見る見るうちに良くなってまいりました。

それで、1年生の時に神慈秀明会の方で相談した時には、特に何も言われなかったのです。浄霊の仕方も違うものですから・・・。しかし今回、本当に僅かの間にこれだけの御守護をいただきまして、本当に感謝させていただいています。

息子も非常に喜んでいます。それで、途中でですね、先月まだ耳が完全に良くなる前に息子の夢の中にメシヤ様が出てこられたそうです。そして、メシヤ様が『浄霊をいただいているんだろう』と仰ってくださったそうなのです。実は、その頃息子本人は“耳が本当に良くなるかな”と心配していたそうなんです。そしたらこんな小さな者に対してもお出ましいただき、有り難いなあ、と思わせていただいています。

これから、藤沢で一人でも多くの人に救いの手を差し伸べさせていただくことに、お使いいただけたらと願っております。本日は、それなりに決心を持って参拝させていただきました。これからも宜しくお願いいたします。(拍手)

*     *     *     *     *

小学生の低学年の人にまでメシヤ様が夢に出てこられて手を差し伸べてくださる。本当に有り難いことですね。これから、どのような方にでもメシヤ様のことを認識していただければ、このような救いに与(あずか)る訳です。鮮やかな奇蹟を許されてゆきますので、そういうことを示唆する貴重な体験だと思います。

平成19年6月メシヤ講座より