高井成恵さんの報告「癌、骨折に御守護」(談)

高井成恵と申します。よろしくお願いいたします。私は天聖真美会に12年間信仰させていただき、教団にも上がらせていただいたこともあります。中に入れば入るほど疑問が湧いてきまして、昨年夏に教団を下りました。

ちょうどその頃に父が体調を崩しまして診察を受けたところ、「99%大腸癌です」と宣告されました。私は父と共に神様に必死にお願いしました。そして今後の治療の方針等を立てるために再検査したところ、ポリープに変わっていたのです。

良かったなあ、という思いはあるものの、父は具合悪そうにしており不安は拭いきれませんでした。

そんな折にメシヤ教にご縁をいただき、浄霊力を授けていただきました。そして、父の具合に応じて浄霊の急所を教えていただきました。それ以後、父は教えられたとおりに自己浄霊に取り組み、私も取り次がせていただきました。

そうしましたら、一ヶ月二ヶ月経つと見る見る元気になってきたのです。浄霊力の強さが断然違うこと、急所を教えてくださることは本当に有り難いことです。今、父は84歳なのですが、非常に元気になり、活き活きとしています。有り難く思います。

また、娘にはメシヤ教に入会させていただいたことを伝えた時に、「おひかり」様をしなくてもいいんだよ、というと喜びましたね。(爆笑)

娘はバレーをしていまして、以前にも薬指を骨折したことがあります。そして先月もまたやってしまったのです。「痛みが同じだから骨折している」と顔を歪めながら学校から帰宅しました。私はすぐさまメシヤ様へお願いして浄霊を取り次ぎました。

30分位取り次いでいると、不思議にも“もう治った”と思えてくるのです。しかし診断書も要るので、翌朝病院へ行きました。医者も「骨折していますね」と言いつつレントゲンを撮影するのですね。私は“治ってるのにな~”と何故か思わされるのです。そうしましたら、結果は「折れてませんよ」でした。

娘も「浄霊をしてもらったからね」と言うのです。この日から浄霊を求めるようになりました。

やはり思いますことは、浄霊力が全然違うということです。そして浄霊の急所を教えていただけるということで、本当に喜びと感謝です。

前に教団人であっても、救いということでは本当に素人ですので、救えない自分が非常に怖かったのですね。目の前の人を本当に私は救えるのだろうか、という恐怖というか申し訳なさでいっぱいでした。

それが、楳木先生に出会えて具体的に教えていただいて、本当に感謝でいっぱいです。ありがとうございました。(拍手)

*     *     *     *     *

今月お父さんとお会いした時には、ものすごく元気になっておられてビックリするほどでした。メシヤ様の御力ですね。本当に良かったと思います。

平成19年6月メシヤ講座より