世界救世(メシヤ)教早わかり 本教の誕生

(昭和25年11月20日)


右の如き(前回からの続き)、時に就ての一つの證拠をかいてみよう。近来米国で唱え始めた世界国家という言葉がある。之はいう迄もなく、世界を打って一丸とした理想世界の事であって、之が可能に迄物質文明が進歩したという訳である。如何に天国を造るとしても、文化が低く民族や国々が個々別々であったり、交通が不便であるとしたら、世界は不透明で、根本である人類思想の統一も出来ないからである。そうして愈々新文化の創造時代となったとしたら、其(その)雄大なる構想は如何なるものであろうかを予(あらかじ)め知って置く必要があろう。勿論其(その)為には神は一個の人間を通じて行わしめると共に、其(その)人間を機関として一大経綸を行わしめるのは当然である。それに選ばれたのが誰あろう、私という者であるとしたら本教の出現の理由も理解出来ない事はあるまい。故に神は天国の設計を時々刻々私に対って啓示され給うので、私は其(その)命のまにまに経綸を行いつつあるのである。それと共に旧文化の中からも役立つべきものは残され、そうでないものは革正して役立つものにされ給うという事である。それが神の大愛である。それ以外のものは遺憾乍(いかんなが)ら永遠に滅びるより外はない事になろう。之が最後の審判でなくて何であろう。実に有り難くもあり、恐るべきでもある。只茲(ここ)で遺憾な事は、私が神示のままを発表する場合、唯物主義者は異端視し、非難攻撃を浴びせるが、之も一面無理もない。何しろ長い間曩(さき)に述べた如く、精神か物質かどちらかの文化の経験しか持たない人類であってみれば、どちらにも偏らない中正的新文化など、容易に理解出来ないのは当然であろう。そうして精神文化の側の人は、吾等の表わしている現当利益を以て、物質のみを追求する低級信仰といい、唯精神の満足のみを求めるのが高級となし、学問的に難解な字句を並べて独り可しとしている。処が事実最大多数者を救わんとするには、理論宗教のみでは効果が薄いとしたら、既成宗教不振の原因も此(この)点にあるのではないかと思うのである。

今度は唯物主義の側の人の観方であるが、之は又物質偏重の為、何でも眼に見える物以外は、悉く迷信と断じて了う。勿論、神の実在など信ずる余地もない。而も始末の悪い事には、少なく共日本の指導階級、所謂有識者と言わるる側の人々に、此(この)種の人の多い事実である。その為吾々の信仰に対しても極度に迷信視し、筆に口に反対する。甚しいのになると、近寄る事さへ戒める者もいる位であるから、大衆はそれに惑わされ、吾等の真相を把握する事が出来ず、兎もすれば触れることを躊躇(ちゅうちょ)するのである。従って結果から見れば知識人の多くは知らずして文化の阻害者という事になろう。尤も此(この)事は洋の東西を問わず、新しいものが生れた場合、必ずといいたい程反対者が出るもので、之は時代の先駆者が被る悲哀な宿命とも言えよう。

茲(ここ)で面白い事には、其(その)時代の文化レベルから、僅(わず)か頭角を抜いた位の説が出た場合、識者はそれを謳歌し称讃するものである。何となれば既成文化の教育を受けた人達は此(この)程度の説が最も理解し易いからで、ノーベル賞受賞者の多くは此(この)種の学者である。処が偶々(たまたま)其(その)時代のレベルから余りに飛躍隔絶した説を唱えるとすると、到底理解する事が出来ないから、反って異端視し、排撃し、抹殺しようとするのである。それらの例として、ヨーロッパに於ても、キリストを初め、ソクラテスやコペルニクス、ガリレオ、ルーテル等々先駆者の受難史を見ても明かである。処が私の唱える説は、右(上記)の人達よりも層一層破天荒で一世紀も二世紀も進歩したものである以上、初めて聴く人や、既成文化に固まった人達は、唖然として進んで検討しようともせず、頭から極端な迷信として葬り去るのである。然し若し単なる突飛な説であるとしたら、之程非難攻撃を浴びせられて、搗(かて)て加えて絶えず官憲の圧迫を受け乍(なが)ら、微動だもせず益々発展を加へつつあるのは、其処に何物かがなくてはなるまい。吾々が今日迄荊の道を潜り、槍衾(やりぶすま)の中を突破した事も幾度あったか知れない、にも拘わらず、予想以上に天国建設の事業は進展しつつあるのは、人間の理屈では解け難い事を覚らない訳にはゆくまい。何よりも一度本教の信者となるや、何人と雖も一宗の教祖位の救の力を現わし得る事である。一信者にして奇蹟を現わすなどは、日常茶飯事といってもいい、実に素晴しい現当利益である。そうして本教の教によれば人生の妙諦を会得し、真理に目醒め、日常生活は改善され、心中明朗となり、確固たる信念の下、未来に渉って迄も透見されるので、真の安心立命を得るのである。何よりも本教信者は時の経るに従い、人相がよくなる事である。というのは浄血者となる以上、健康は増進し、前途の不安は消え、品性も向上するので、世間の信用は高まり、人々から敬愛されるという有徳者となるからである。そうして本教のモットーである地上天国を造る其(その)基本条件としては、先づ個人の向上であり、天国人たる資格を得る事である。此(この)様な人間が増えるとしたら、世界は個人の集団であるから、やがては地上天国出現となるのは勿論である。