藤沢会場―洗礼を受けている方(プロテスタント)との問答

Nさん 「私はズーッと昔に洗礼を受けていますが、イエス・キリストが浄霊をしたということを一度も聞いたことがないのです。ただ、何千人もの人が集まってきてキリストが手をかざして救ったという表現はあるんです。しかしそれが何なのかという答えはないのです。言わないし、何なのか明かしてないのです。」

代表 「例えば明かしたら、信仰形態が壊れてしまいますからね。イエス・キリストと最後の晩餐に出た人しか浄霊はできなかった。それ以外の人には浄霊力は授からなかった訳ですからね。明かしますと、浄霊ができる場所を求め始めますからね。」

Nさん 「初めてここでメシヤ講座に参加した時に、先生から『キリストも浄霊をした』ということをお聞きして、何十年もキリスト教をしてきたのですけれども、判らなかったことを“ああそうだったんだ”と納得できたんです。

代表 「それが21世紀を迎えて、キリストが現わした奇蹟をどなたでも現わせることになったんです。そういう世の中になったんで、これほど素晴らしいことはありませんので、キリスト教の方々へも判っていただかねばなりません。」

Nさん 「判らないと思いますよ。(大笑い)」

代表 「いえ、判ってくださる方は大勢いらっしゃいますよ。そういう方を一人ひとり掘り起こして、みんな『メシヤ様』と唱えて浄霊をしていただき、幸せになっていただきたいですね。ただ、信仰を続けていると自他共に頭が固くなっていることがありますからね。頭を柔軟にしていただかねばなりません。」

同席者 「ほんとうですね。同じメシヤ様の信者ですら、所属組織が違うと“あり方”にいちゃもんをつけてくることがありますからね。」

代表 「ですから、私達が大らかにならないといけません。そして、そうした方と相対して、目くじら立ててきたら、ここの大黒様の顔を思い出していただいて、このような笑顔を持って接していただきたいと思います。(大笑い)」

平成20年5月メシヤ講座より