アトピー性皮膚炎の浄化を乗り越える子供の姿に喜び

素晴らしいということでは、8月のメシヤ講座でも大変なことがありました。大阪会場のメシヤ講座にご参加の30代のご婦人がいます。神慈秀明会所属で「自己放棄」体験者です。この方のお子さん(小学4年生と幼稚園年長)がアトピー性皮膚炎で、これまで中々治らず悩んでいました。

3年前より薬を止めるように心掛けてはいるものの、“神慈秀明会式の浄霊”では解決を見ないままでした。メシヤ講座で体験談を写真入りで紹介したこともあり、本来の浄霊で取り組んでみようという決心をされました。そして、いざ“神慈秀明会式でない浄霊”を始めますと毒素排泄作用が始まりました。4月には以下のような質問メールをいただきました。

<質問メール>

子供の事で相談があるのですが、春になってアトピーが酷くなり困っています。

二人とも首、肩、ひじの裏、背中、ひざの裏が特に酷く、毎日かきむしっています。お腹にも湿疹がいっぱいです。目もかゆがってこすってしまうので今度は痛いと言っています。たぶんアレルギー性結膜炎だと思うのですが、痒みが治まらない限りまたかいてしまってなかなか治りません。

上の小学生の娘は体中かさぶただらけで肌の色もどす黒く変色してしまっており、下の息子は痒い痒いと毎日夜中に泣き出して夜も眠れません。主人はこれでは眠れないので医者に行って痒み止めでも貰ってきた方がいいんじゃないかと言うのですが、どうしても薬漬けにして浄化をおさえてしまうのも抵抗があります。

そろそろ暑くなってくるので半そでを着ることも増えてくるし、昨日は幼稚園で半そでの体操服を着せたら同じクラスの友達にひじの裏をみられて、「ここどうしたの?うつるの?」と言われていて悲しくなりました。

毎年春は酷くなるのですが、今年は特に酷いです。もうすぐ健康診断もあるし憂鬱です。

もしこんな時の浄霊の急所があるなら教えていただきたいのです。お忙しいところすみませんが宜しくお願いします。

<返信メール>

二人とも首、肩、ひじの裏、背中、ひざの裏が特に酷く、毎日かきむしっています。お腹にも湿疹がいっぱいです。

アトピーの場合、肝臓、腎臓、小腸をしっかり浄霊してください。そして、症状からは脇の下と鼠蹊部を加えてしっかり浄霊することも大切です。

>目もかゆがってこすってしまうので今度は痛いと言っています。

目に出る場合は、加えて後ろ頭と首筋をしっかり浄霊してください。

 

<質問メール>

子供達は相変わらず毎日かきむしっていますが、教えて頂いたとおり、頑張って浄霊してあげようと思います。ありがとうございました。

――というメール交換をしてご本人は継続して取り組みました。ある時は、ご主人が腹を立て自室のドアを穴が開くほど殴ったと言われました。その話を聞いた時には、失礼ながら“途中で挫折するかもしれない”という思いがよぎりました。

それが、8月の月次祭には夏休みだったので二人のお子さんを連れて参拝されたのです。二人のお子さんは見事に浄化を乗り越えられていたのです。知らなければアトピー性皮膚炎であったことは判らない程にきれいになっていたのです。

お子さん(長女)に「よく頑張ったね」と声を掛けると、「ハイッ」という返事と共に爽かな笑顔を返してくれました。私の胸は大変な喜びに満たされると共に、メシヤ様へ感謝させていただきました。そして何より、お母さんであるそのご婦人のメシヤ様の御教えを信じる心、浄霊の実践に徹する姿勢、信仰心に敬意を持ちました。

今後も、毒素がある間は再浄化を繰り返すと思われます。お聞きするところでは保湿剤を使っていた時期があり、知らずに医者からステロイド系の薬を使用されたこともあるそうなので、残留する箇所に痒みが出ることもあると思われます。今後もご婦人の根気が続き、メシヤ様をまっすぐ求めつつ御守護をいただかれることを願っています。

平成20年9月メシヤ講座より