御垂示録16号  ②神様のお許し

【昭和27年12月15日】

12月1日

自分御蔭をいただいていても信仰に入らないのがありますが、本人は信仰に入りたいのですが、邪魔があったりするのです。それはなにかと言うと、神様が許されないのです。

それからこういうことがよくあります。熱心な人があって、フッと来なくなったり、他のことをやってみたり、いろいろしますが、そうするとずいぶん馬鹿な奴だと思いますが、そうではないのです。神様が、お前は入れてやったが、汚いものがあるからもっと苦労しろというので、要するに資格がないというので神様がつまみ出されるのです。

そういう点は解釈の仕方が違うのです。だから入るということ、その人が入りたいから入っているのではなく、神様がお許しになるから入れるのです。そこは神様中心に考えると分かるのです。それから「あいつは邪魔する、酷い奴だ、ああいうのを神様はどうして生かしてある、許してあるのだろう」と言うが、それは神様になにかわけがあるのです。そのときはそうでも、いずれはなにかに使うのです。ですから要するに人間の判断というものは分からないものです。神様くらい深いものはありません。それはあべこべのようなことがよくあります。

 

【御講和篇6 P309】