アキレス腱の損傷

そして、代表者の一人の奥さんが御神体御奉斎を許されてから、私の足の浄化と同様の浄化をいただいておりました。私は褄先をかばって歩いたためにアキレス腱を固めてしまったのですが、その奥さんはアキレス腱が溶けてプヨプヨになってしまったようです。夫婦で以下の点を確認して浄霊一筋で取り組んだそうです。

○アキレス腱の損傷は、手術かギプスによる固定で対処するのが一般的。

○メシヤ様の質疑応答に『アキレス腱も浄霊で治る』とある。

○手術、ギプス固定いずれも行わず、安静と浄霊一本で対処する。

1か月弱でアキレス腱の復元が見られてきた時点で、薬を極力使用しないことを心掛けている友人の医師に相談したところ、「ここまで来れば大丈夫」と言われ、 以後歩行練習に取り組んできたそうです。

この奥さんからは「アキレス腱がなくなった日が6月14日」というメールを受信していたので、何故その日にそうした事態を迎えたか顧みる必要があり、「地上天国祭の代表挨拶をジックリ読んでみてください。」とメールに添えて、浄霊の急所を伝えました。御神業をはじめとして家庭生活全般を見つめ直した旨の報告を受けました。そして、スキーのステッキを支えにして歩行する姿は、厳しい症状となった浄化を乗り越えた力強さを伴って映じていました。

 

平成26年7月メシヤ講座より