ある時期から御神業はメシヤ教に集約された

楳木代表

ですから、こうやって一回話したって“へえー”と思うくらいの方から“そういうこともありなんだなぁ”と、色々な思いはあると思いますけれど、何度もこれから月次祭を通して、「あれ以来『主神様とメシヤ様』の拝読をしつつ、“こう感じた”のですけれども」ということを報告し合って、支部長と出張所長を中心にして話をしながら、みんなの心の中、或いは魂がですね、一層覚りを開いていくような取り組みをさせていただければありがたいと思います。

これからのイメージはですね、この主神様のこの○ヽ(ス)というメシヤ様のお文字をですね、メシヤ教に授けたということは、もうその授けた時点で他の教団から全て御神業はメシヤ教に集約されたそうなのですね。『だから他所の教団は奇蹟が出なくなってきたんだ』と。それでメシヤ教の姿を見て、ああいうふうにやればいいんだなぁというふうに各教団が気付けば、又奇蹟が出てくるので・・・そうして本来の「世界救世(メシヤ)教」に戻っていかないといけない、と、或いは高まっていかないといけない、という気持ちになりさえすれば、大きな回転が出来て、その回転が多くの人を吸い寄せていきもするし、世界に広がっていくということらしいのですね。

 

平成28年7月メシヤ講座岡山支部より