私はゆるしても神様は

いつ、なんのことでか忘れましたが、お詫びに上がらせていただいた時のことです。

明主様は、『気がついてよかったなぁ』と、他になんにもおっしゃらないで、ひと言だけ、しみじみおっしゃいました。私は冷汗をかきましたが、すっかり安心して、”ああよかった”と下がらしていただこうとしたとたん

『おお、ちょっと待て、待て』

「何か御用でございましょうか」

『あのなあ、よく考えてみなくてはいけないよ。私は許しても、神様は許さんよ』

私はなんだか判らないような気持ちになりまして、「それは、一体どういうことでございましょうか」と伺いました。

『お詫びはすんだけど、それだけではだめだ。それに気がついてお詫びの御用をさせていただいた時、はじめて消えるんだ。お詫びをすると、私は許してもね、やったことに対して、いますぐ消えるわけではないよ』と明主様はおっしゃいました。

(教会長)