謙虚であっても卑下はするな

ある時、明主様に、「私のような者でもお使い下さって、ほんとうに光栄です」と申し上げたら、『私のような者という言葉、今後絶対使ってはいけない。それは、私のような者と言えば、使っているのはわたしだ。わたしが使うのに”私のような者”と言えば、神様は変な者を使っているということになるではないか』とお言葉いただいたことがあります。

つまり”卑下することはいけない。”謙譲の気持ちでいなければならない”というような意味だと思わしていただきました。

 

(側近奉仕者)