擬似癌と真症癌の場合の対処の仕方

楳木代表

だから、癌でも擬似癌と真症癌の場合は、対処の仕方が全く違うわけです。

真症癌の場合は、霊的な部分が関わってくるので、霊的な面の指導をしないと、癌は絶対治らないです。

 

受講者

あッ、真症癌は治るんですか?

 

楳木代表

(ジーーと見られる)真症癌は、

 

受講者

あ、(笑)すみません

 

楳木代表

真症癌は、良くすれば、治っていくわけです。

 

受講者

あ、りゅうじん・・

 

楳木代表

龍神だけじゃないです。

 

受講者

あ、そうなんですか。

 

楳木代表

(笑) 真症癌はね、癌が出来るシステムが、想念界にあるんです。だからね、「霊の働き」と「想念界」が作り出した真症癌が出来るから、この想念面を直さないと、浄霊しただけでは治っていかないんです。

 

受講者

あ、そうなんですかあ。

 

楳木代表

何故かっていうと、浄霊して浄まっても、同じ曇りを・・毎日発生させているわけだから、その人は。女性の場合は、乳癌とか子宮癌とか、そっち側の問題が一杯あるわけです。そういう指導を、

 

受講者

乳癌でもそうなんですか?擬似癌じゃないんですか?擬似癌の方が結構多いかなと思っていたんですが、

 

受講者

胃癌の場合は、龍とかあるけど。その性質で、(前世はもとより、現世でも)肉とか食べてその恨みや毒で、っていうことがあるけど。要は肉食で食べ過ぎるとかね。で、真症癌というのは、(生命を有するとか宿るようになると)乳癌であっても玉が動いたりもするのでね。

 

【平成23年メシヤ講座旧大阪支部より】