肚でむさぼるように読め

真剣味が足りないということで、こういうことがありました。

これは昭和23年ごろ、清水町時代だったと思いますが、何かの用で上がらしていただいた時、いろいろ御教えをいただいたあとで、明主様は、『あんた信仰雑話を読んでいるか』とおっしゃったのです。そこで、「はい、読ませていただいております」と申し上げました。

すると明主様は、『おかしいな、読んでないんだろう』とおっしゃるのです。

一生懸命読ませていただいておりますから、変だなと思いまして、「何回も読ませていただいております」と申し上げると、『どこで読んでいるか』とおっしゃいました。

どこで読んでいるかとおたずねになっても、こちらは目で読んでいるわけですから、とっさのことで、ちょっと見当がつきませんでした。

仕方がないから、「目読させていただいております」とお答えすると、『じゃ、これ(目)で読んでいるんだな』、「さようでございます」『そりゃだめだ。あんたは読んでいる、読んでいるというけれど、ほんとうに読んでいるところが形にでていない。形に現れてなければ、読んでないのと同じようなものだ。だから頭で読んじゃだめだよ。肚でむさぼるように読め』とおっしゃいました。

(教会長)

メシヤ様の御意志を現せれる人間とならせていただかなければならない現在でありますから、実践(形)させていただくことが拝読したことになるという事ですので、そういう人間にならせていただけますよう日々努力させていただきたいと思います。