御光話録 年月日不明 天数歌の言葉の意義

Q. 天数歌の言葉の意義について御教示をお願い申し上げます。

これは天地ができたときの順序で、だいたい七が完成で、七は「ナリ」「ナル」です。殖えて発展することが八です。一は独一神であり、それが陰陽に別れる(二)、そこへ子が生まれ(三)、そして四方へ発展し(四)、火が燃え(五)、水ができ(六)、それで完成(七)です。キリスト教は七でできたから日曜を安息としています。

九は「つくし」と言って極点であり、いまは九の世の中です。十で結び、十一で始まる。

天の数歌は天地創造の順序を数で表わしたもので、これを唱えれば霊界で順序・・・活動力となる。つまり神の力徳が順序の言霊で力を発揮するのです。

気持ちよくゆっくりあげたらよい。

【御講和篇1 P498】