喘息の原因とその解決法

参加者:彼女はね、お金持ちで、何不自由なく暮らしてきて、まあ喘息という病魔にとり憑かれて今があるんですけれども、もう今や喘息じゃあないよと、何日か前に家に来たんですけれども、まあとにかく今咳が出るのは、痰を出すために咳が出ているんだから、喘息喘息で逃げてきた、喘息がしんどいからと言って時間も・・・。

代表:喘息は何年くらい、患っているんですか?

参加者:18歳の時から・・・。

代表:18歳の時に発病したんですね。じゃあ、小さい時は何とも無かったんですね。

参加者:と、思います。

代表:じゃあ、そのきっかけは何ですか。

参加者:わからないです。

代表:ふぅーん、18歳で喘息になるということは・・・小さい時に喘息になる人はですね、生まれて来る時に、産道でおろを飲むために喘息になるんですけれども、18歳で喘息になる人は、そういう喘息ではないんですよね。おおよそですね、父原病か母原病なんです。

参加者:父母ですね、父か母か、どちらかが原因ということです
ね。

代表:ええ、その原因の、主たる原因は精神性です。ちょっときつい父親であったり、あるいは几帳面すぎる父親であったり、それからお母さんが几帳面で、いつも小言を言っていたと
かね。だから、その点はどうだったかをまず見て、ふり返っていただきたいと思いますね。
で、ふり返った時に、それが原因と分かったら、その事を自分がどういうふうに整理するかということが、喘息の方にとっては一番大事なことなんですね。で、整理する時にですね、ずうっと考えても整理できませんので、その時に掃除をしながら整理をするということです。例えばこういう桟を拭きながらとかですね・・・。

参加者:3(桟)まで行きません。(笑い)

代表:じゃあ、2くらいで・・・。(笑い)

まあ、そういうことをしながら、少しふり返っていただく。で、ふり返る時にはですね、まあ、別な人の話をしますよ・・・例えば父親がいつもきつく言ってたと・・・で、その時に言い返した時には喘息にならないんですよ。これを、あぁー、私が悪いからとか、私のどこかが悪いからと内へ向かうと、その曇りがですね、内側に籠って喘息になってくるわけですね。

だから、言うべきことを、きちんと言えたかどうかということが、一つは大事になってきます。それから、自分の中にあるですね、依存症という依存があります。例えば、寂しいからペットを飼うとかいうようなことをすると、この依存が取れない、ということがあります。

参加者:その通りです。

代表:で、まあ、飼うなら飼ったで徹底的に、家の上で飼う場合は、徹底的にしつけないといけない。それは、何故かと?・・・家というのは人間が住む場所なので、この人間の住む場所をしっかり、その場所作りをしていかないと、逆に人間が動物化していってしまう。

だから私は、余り猫は好きではないんだけれども、猫は毛が舞っちゃうので、これを逆に吸い込んだりすると、アレルギー症状が出たりとかということが起きるので、自分の健康管理をどのようにするかというと、住環境をどのように整えるかというのは、一つは掃除というのがあって、もう一つは、動物が家の中に入ってないかどうかということが、次の段階に来る。そういうのを排除しつつ、自分の健康を確保しないと、結局ですね、浄霊だけを利用してるとい
うことになってくるわけです。

で、この浄霊だけ利用してると、御守護というのは、中々戴けないということが起きてくるので、そういったことをですね、少し、整理する時期を迎えているというふうに考えていただければいいと思います。今、○○さんの所へ行って、浄霊をいただくという、これは非常にいいわけです。

 

【平成24年10月メシヤ講座 岡山支部より】