膝の痛み

 

楳木代表

○○さんのおばあちゃん、調子は良いですか?

参加者

相変らず足はだいぶ良くなってきたけれど、さっき楳木代表の浄霊をいただいていたら、ジンジンしてきました。

楳木代表

ジンジンしてきた。

参加者

そしたら楽になりました。

楳木代表

その膝の痛みも、もとは腎臓ですから。ですから腰をよく浄霊して、足の付け根を浄霊して、それから膝の裏を浄霊してください。

右足が痛むのでしょ。

参加者

はい、右足です。

楳木代表

そうしたら右の腎臓。右側の腎臓をよく浄霊し、鼠蹊部をよく浄霊して、膝をしてください。

参加者

それから耳がひどく痒くなるときがあるのですけれど、それは何かありますか?

 

楳木代表

それは頭の毒素が耳から出てきているので、かゆいときにはよく掻いたら良いです。掻いているとちょっと傷がつくかもしれないけれど、傷がついても大丈夫です。

参加者

傷がつくほどは掻かないけれど、この前楳木代表が耳の後ろをなでると良いとおっしゃったので、それをやると痒みが少ないのですが、やり忘れるとひどく痒くなります。

楳木代表

だったらやはり真剣にやってください。サボらないように。自分の体だから自分で良くしておかないけれど。

参加者

この前検査をしたら、腎臓の数値が少し良くないけれど、あとは異常ありませんでした。

楳木代表

その腎臓の悪い分、膝に下りてきているので、腎臓が良くしておけば、膝に下りてくる必要がないので、足はそんなに痛くなってきませんので。

この前岡山で、その人は70歳になったばかりですが、やはり膝が曲がらなくて正座できなかった人が、浄霊をいただいている間咳がずっと出ていたのだけど、咳が出終わったら、座れるようになりました。

結局、腎臓から溜まったいわゆる余剰尿というものが、咳で出てしまったので、膝に下りてくる必要がなくなったので、座れたということです。

 

【平成25年3月メシヤ講座 浜松支部より】