特別講習会御講話 ①神仏を信ずる者は霊が古い

神仏を信ずるという霊は古く、神代の時代に何度か生まれた霊である。

神はふつうの人間の形をしてすばらしい不思議な力をもっていた。

そういう記憶があるから信仰し得る。神というものがなくなってから生まれた霊は神のことが分からぬ、神の経験がないから分からぬ。

信仰さすことができぬ。ちょっと神の話をしてピンとくる人は、神の経験があり、ぜんぜん通じぬ人はその後に生まれた新しい霊である。

 

 

【御講話篇1 P219】