御垂示録15号 ②上座、下座について

(お伺い)

ただいまの上座下座のことでございますが、常に御神前に向かいまして、神様の左側が上座と思っておりましたのでございますが。

 

『神様のほうはそうです。しかし神様と人間は違います。向かうと神様と人間はあべこべになるわけです。あなたが妻君と二人で御神前に向かう場合にはどう並びますか。』

 

(お伺い)

右側が上座だと伺っておりました。

 

『そんなことはありません。なんでも左が上座です。それでなければ霊主体従になりません。霊主体従は知っているでしょう。「ヒ」は霊で「タリ」は満ちです。「ミギ」というのは、「ミ」は体です。「ヒ」と「ミ」です。』

 

(お伺い)

一般は御神前に。

 

ですから御神前は人間とあべこべだと言うのです。簡単です。ややこしく考えるといけないのです。真理は簡単なものです。神様が御神前に御夫婦でお並びになると、向かって右が男神様、左が女神様です。人間のほうはあべこべになるのです。一緒にするからいけないのです。分離すれば良いのです。なんでも考えるには一番簡単な考え方です。それが真理です。ちょっとでもややこしいものなら、それは真理ではないのです。だから真理というのは一番やさしいのです。それをゴチャゴチャにするのが邪神です。それで一番ややこしいのは共産主義です。

 

【御講話篇6 P300】