御教え集19号 ②飲薬の浄化

昭和二十八年 二月七日

だんだん浄化が強くなってきてますが、このごろの浄化は飲薬のが多いです。胃が重いとか食欲がないとか、嘔吐をするとかです。つまり、飲薬の浄化が非常に多いのです。特に漢方薬が多いのです。なにしろ漢方薬は量が多いですから、土瓶に一杯でもたいへんな毒なのです。それが胃のまわりに溜ってだんだんしみ込んで固まったのです。それが、浄化が強くなったために胃に戻ってくるのです。そこで胃に溜るのです。それで胃が重くなったり食欲がなくなったりするのです。ですからそういう人は必ず背中に固まりがあります。左か右か、あるいは両方にあります。それから背骨の辺に固まっているのがあります。ですから背中の固まりをとると、ずっと良くなります。酷いのになると、食欲がなくなって衰弱するのがあるようですから、そのつもりで背中の固まりを溶かすようにするのです。

 

【御講話篇10 P22 】