御教え集15号 ②浄霊に力がはいるといけない

10月27日

最初に注意したいことは、このごろまた浄霊に力が入るようです。みんなではないですが、人によっては力が入るようです。これはそういうものなのですが、お蔭話しにでも御守護の電報にでも、それが良く出ているのです。「一生懸命に浄霊しても、どうだ」ということがあるが、一生懸命浄霊したらいけないのです。治りが悪いのです。だから先にずいぶん言いましたが、決して一生懸命にやってはいけないのです。一生懸命といっても、腹の中は一生懸命でも良いですが、その一生懸命が手に出てしまうから力が入るのです。ですから軽い気持ちで力を抜くのです。そうすると治りが良いのです。こう(御浄霊)やって、どうも治りが悪いなと思ったら、力が入っているのです。ますます霊界が変わってき火素が増えるに従って、よけいそうなるのです。つまり人間の力というものが邪魔をするのです。力を入れるとせっかくの霊を邪魔してしまうのです。それだけ治りが悪くなる。ですから私なんかでも、始終力を入れないようにしてます。そうすると、とても良く治る。いままでの人間は、たいていなことはあべこべをやっていたのですから、これなんかも理屈からいうとあべこべです。なんでもなく治るようなことが割合に治ってないが、それはみんな力が入るからです。いまは非常に火素が増えてますから、病気は非常に簡単に治るのです。あなた方でも、たいていな病気は簡単に治ります。どうも治らないということは力が入っているのです。

 

【御講話篇8 P177】