御光話録15号 ③乱視の原因、急所

(お伺い)

四一歳の男子、二五歳のころから軽度の乱視になりだんだん度が進みます。乱視の原因、浄霊箇所を御教示ください。

 

『乱視はここですよ。この延髄の所に固まりがあって、それが眼を圧迫して・・・人によって毒が動揺することがあるんですが、そのために血の流通が妨げられて、眼に行く血の量がむらになるんです。だから、ここの延髄の所をやればなんでもなく治りますよ。』

 

 

【御講話篇1 P451】