御垂示録4号 ③種蒔きについて

(お伺い)

菜葉、大根の種などは、午後三時過ぎから蒔いたのは虫が来ない。朝蒔いたのは、虫がつくということを言っておりますが。

 

『そんなことはありませんよ。ところがね。こういうことは言えます。熱い所で朝播いたのは、熱くて日当たりが良いために、乾燥します。朝播いたのはよけい乾燥しますね。午後三時に・・・播いたのは、夜になって、乾燥しないから、虫がつくとかつかないとか、そういうことがありますね。だから、種を播くのは曇った日が良いですよ。曇って、小雨が降るようなときがね。播いて、乾燥するというのが一番いけないんです。』

 

(お伺い)

虫のつき方でも、成長が違っております。

 

『無肥料になれば、そんなことは問題ではない。』

 

(御講話篇4 P270)