治療に就ての注意

治療についての注意

治療に就いて個々の注意を挙げてみるが、人間を霊と体に区別する時、背部は霊にして腹部は体に相応するのである。従而、霊主体従の法則により、凡ゆる病患は背部が重要であり、背部の治療をよく行わなければ真の効果はないのである。即ち背部の毒素が溶解しただけ前部の病患は軽減するのである。例えば胃痙攣の激痛と雖も、その激痛部だけの治療では効果は少ない。其場合背部を診れば左右何れかの肩甲骨と背柱との中間に必ず固結がある。その固結を治療するや忽ち胃部の激痛は解消するのである。然らば右固結は何であるかというと、之は薬剤の固結したもので、服薬を持続し仰臥する関係上、胃の後方から滲透背部へ沈澱固結したものである。

又湿性腹膜炎に於ける膨満も、化膿性腹膜炎の膿結も、背面腎臓部を治療する事によって奏効するのである。其他心臓、肺、胃腸に関する疾患も、凡て背部を主に治療すべきである。次に、人間の健康不健康を判別するに就て最も明確に知り得る方法として、先ず肩部を診る事である。肩部が柔軟で、指で圧して指頭が一寸位没するような人は必ず健康であるが、肩部が硬く柔軟でない人は不健康と断定して差し支えないのである。

結核者は例外なく肩部は固く、重患者と雖も肩部柔軟者は恢復し易く、軽病者と雖も肩部強堅者は恢復困難と共に、強浄化発生し易く、其為生命の危険は免れ得ないのである。故に理想的健康診断として肩部を診る事こそ、正確であり簡単である事を世人に告げたいのである。

次に頭痛の場合は必ず前頭部に熱発を認めるが、その部を治療してもあまり効果のない事がある。其場合耳下腺を主とし、淋巴腺へかけて大抵の人は固結があるから、其処を治療する事によって忽ち解熱、頭痛は去るのである。故に頭痛以外の一般発熱者に対しても耳下腺、淋巴腺、扁桃腺部等を一応指査すれば必ず大小の固結を認めるから、それを治療する事によって解熱する場合が多いのである。

次に、腕、指等疾患の場合、その本源である淋巴腺から肩、腕の頂部に当る所を充分治療すべきである。それによって手指と雖も、その治療が容易に奏効するのである。従而脚に関する疾患も右と同様、その根源である腎臓部、脚の付根等をよく治療すべきである。

茲で重要な事がある。それは平均浄化作用なるもので、或一局部の溜結毒素を溶解した場合、間もなく右以外の局所に浄化が起る。之を平均浄化という。譬えば左腕が痛むからそれを治療し治癒すると今度は右腕が痛み出す。それを治療すると背中が痛むというように、恰度痛みが移動する如く想えるので、患者も痛みの移動を訴えるが、実際は痛みの移動などという事はあり得ない。之等は平均浄化作用に因るのである。

(著述篇5 P251天国の福音)