御教え集7号 ②特に一年一年節分が重大

『御教え集七号、昭和二七年三月二〇日』

二月五日 立春祭

御教え

今日のお天気は馬鹿に良くて、昨日の節分となんだか、こう・・・昨日はほうぼうの神社仏閣で豆撒きをやって、今日から立春で・・・ちょうどお天気の具合がそれを物語っているような気がするんです。節分の話は毎年話しているから、いまさら言ったところでしようがないけれども、とにかく神様のほうから言うと重大な日なんです。特に一年一年節分が重大になってくるわけなんです。あんまり深いことは言えませんけれども、一番だれにも解ることは(これは信者ですけれども)つまり浄化が旺盛になってくる。強くなってくる。それが節分と六月一五日ですね。そういうような節々ですね。節々に浄化が強くなるというわけなんで、ただ節分と六月一五日の異いさはあるんです。六月一五日の節というのは、霊界が明るくなるんですね。火素が増える。それから節分のほうは、そういったのではなく、神様のお働き・・・それが異ってくる。節分が、夜の世界の罪穢れが清算される。すると、六月一五日のほうは明るくなるというような・・・そんなようなものですね。で、それがだんだん強くなって行くんですがね。近ごろは浄化が非常に強くなってきた。信者の人で、浄化の強い人がずいぶん・・・これは、信者の人もみんな知ってますがね。なかなか古い人でも、かなり強い浄化が起るんですね。で、信仰の固まっている人は、どんな強い浄化でも、それを逃れますけれども、少しフラフラしている人は、なかなか危ないことがあります。けれども、結局は救われますけれどもね。たまには、子供やなにかの身代わりなんてのがありますから、よほどしっかり信仰を握っていなければ負けですね。ですから、今日を過ぎたら、面会のたびに、最後に私が五分か一〇分くらい、みんなを浄霊してやろうと思ってます。浄化のために活動に影響するといけないですから、できるだけそういうことのないように、やってあげようと思ってます。

 

【御講話篇7 P7】