三千世界の大清算

昔から、世の終わりとか、最後の審判とか言う事が、聖書等にあるが、それを詳しく説いた者は、未だ無いようである。私は斯事に就て、はっきりとは言えないが、まあ夢物語とでもしてあるとも言えるし、無いとも言えるという位の所で説いてみるのである。易者ではないが、当るも八卦、当らぬも八卦位と思って貰えば可い。然し無いとすれば、書く必要もないから、先ず、有るとして書いてみるのである。私がいつも言う、夜の世界が済んで、昼の世界、即ち太陽が赫々たる輝きを以て昇るとする。其夜から昼への移り変りの、凡ゆる物象の変化を想像してみたいと思うのである。言う迄もなく、夜と昼との、最も異る所は、暗さと明るさである。由来、罪悪なるものは真昼間、公々然と行わるべきものはない。秘密と罪悪は、暗い処で取引される事は、誰もが知っている所である。然らば、此夜の世界なるものは、何年位の期間であったであろう乎。私の推測によれば、兎に角三千年以上一万年位と推定されるのである。故に茲では数千年としておくが、此数千年の歴史を振返ってみても確かに、夜の世界であったであろう事が肯かれるのである。国々、人々は、秘密と罪悪と闘争に係りのない時代は、全く無いと言っても可い位で、之を正しい神の御眼から御覧になったら、否、我々凡夫の眼から観てさえも、暗黒時代であったと言うより外に、言葉はないのである。波瀾興亡常なき、国と人との姿は、夜の空の月の盈虧にも比すべく、悪人が、一時的にも時を得、善人が虐げらるる、歴史の姿をみては、全く悪魔横行の世界と思われるのである。(中略)

然し乍ら仮に、此数千年の歴史から、一段も二段も、否数段も飛躍した処の、高い見地に立って見下してみたらどうであろう。それによれば、どうしても、此数千年に渉る罪悪推積の世界が、一度は、徹底的に、清算されなければならない様に、思われてならないのである。然し此事は、人の力では到底、駄目である事は判っている。何となれば、人の方が清算される側に立っているからである。

故に、万一、清算なるものが在りとすれば、それは神より外に行えない事は、自明の理である。そこで神が行い給う、其方法を畏れ乍ら想像して、私はみたいのである。それは、再三言う如く、それが、太陽の輝く、昼の世界になるという事である。光明が照し出すという事である。

然し、私が斯う言えば太陽は、毎日出ているではないか。別に、此外に、昼の世界がある筈がないではないかと言うであろう。然し、私の言うのは、霊界の事である。此霊界と現界7の関係は、別の項で詳説する筈であるから、茲では無条件に、霊界なるものを信じて読んで貰うより外、致し方ないりである。

爰で私は、別方面の事実を挙げて論じてみよう。それは、私が日々病人を取扱っている関係上、医者と異う、独特の診断法を以て、各人を査べる時、実に驚愕するのである。それは、凡ゆる人の体内に滞留されている汚物と言えば体裁がいいが、実は膿汁である。此膿汁と毒血が、肉の中にも、血管の中にも驚く程多量に、如何なる人も有しているという、想像出来ない程の事実である。私は今日の人間をみて、能く生命を保っているとさえ思うのである。成程、患者なれば兎も角、健康な人も、数多く見るが、膿汁の滞留は病者と大差ないのである。何時重患が起るか判らないというだけの話である。此事実をみて、数千年間の、夜の世界に呼吸して来たので、其罪穢による、汚濁の推積であると思うより外はないのである。即ち、夜の暗黒に相応した人間であから、今日迄はいい様なものの、若し是等の人が、赫々たる太陽の光明に照らされたとしたならば、一体どうなる事であろう。想像するだに慄然とするのである。例えば、暗黒内に棲息した黴菌を、太陽の光に晒したら、どうなるであろう。又汚濁も塵埃も、夜では、はっきり見えないから可いようなものの、白昼の明るさは、到底誤魔化し切れる訳のものではない。之等によって見ても、太陽の光は、白昼の明るさは、凡ゆる汚濁を浄めずにはおかないのである。斯瞞は蔽隠す事が出来ない。秘密は忽ち暴露させる。罪悪は行い得ない。不正は影を潜め、闘争は打断られて了う。そうして、凡ゆる物の狂いは、是正され、社会の機構は合理的に動き、人は、公平なる時所位を得、善は栄え、万人生を楽しむ時代になるであろう。唯然し、此光明世界を信じられない人は、此時代に適合しない為に、其時迄に、没落の運命を辿るより致し方ないであろう。近く斯様な時代が、信ずると信ぜざるに拘わらず、好むと好まざるに係らず、迫って来るとすれば、それを信じ得ない人々の状態は、どうであろう。今迄隠し蔽せた罪悪が、秘密が、不正が、どしどし暴露して来る。又罪穢に充ちた身体は、崩壊するより致し方がない。黴菌が、太陽の光に死滅する様にである。斯様に、今迄の夜の世界とは、全然勝ってが違う時代が来る事は、予期し得らるるのである。国と国とは、闘争の結果、それが双方悪である場合、どちらも滅びるであろう。正なるもの神の意志に適合する者のみが残存し、そうして栄える事になるであろう。

 

【著述篇1 P409】