人から信用を受けるにはどうすればいいか

抑々宗教信仰は世間無数にあるが、真の信仰者は洵に寥々たるものである、然らば私は真の信仰者とし如何なるものであるかを書いてみよう。如何程立派な信仰者のつもりで自分は思っていても主観だけでは何等の意味もない、どうしても客観的にみてのそれでなくては本物ではないのである。そのような信仰者たるにはどうすればいいかという事を先ず第一に知らねばならない。そうなるには理屈は簡単である、それは人から信用される事である、例えば彼の人の言う事なら間違いない、あの人と交際をしていれば悪い事は決してない、あの人は立派な人であるーというように信用される事である。それでは右のような信用を受けるにはどうすればいいかというと之も訳はない、何よりも嘘を言わない事と自分の利益を後にして人の利益を先にする事である、いわばあの人のお蔭で助かった、あの人につき合っていれば損はない、実に親切な人だ、あの人と遇うといつも気持ちがよいーというようであれば、何人と雖も愛好し尊敬する事は請合いである、何となれば自分自身を考えてみれば直ぐ判る、右のような人と識の合うとすればその人と親しく交際したくなり、安心して何でも相談し、いつしか肝胆相照し合う仲になるのは当然である、今一つ言いたい事は、どんなによくしても一時的ではいけない、恰度米の飯と同じようで一寸は味がないようだが長く噛みしめれば噛みしめる程味が出てくる、人間は米の飯とは一日も離れる事は出来ないと同じように私は常にいうのであるが、人間は米の飯人間にならなければいけないとー。

処が世間を見ると、右とは反対な人が余りに多い事である、それは態々信用を落とすような事を平気でする、何よりもジキに尻からばれるような嘘をつく、一度嘘をついたら最後外の事はどんなに良くても一遍に信用は剥げてしまう、全く愚の骨頂である、如何程一生懸命に働き苦心努力をしても一向運がよくならない人があるが、その原因を探れば必ず嘘をついて信用をなくす為で、之は例外がないのである、全く信用は財産である、信用さえあれば金銭の不自由などは絶対にない、誰でも快く貸してくれるからである。

以上は人間に対しての話であるが、今一歩進んで神様に信用されるという事、之が最も尊いのである、神様から信用されれば何事もうまくゆき歓喜に浸る生活となり得るからである。

 

【 著述篇7 P203 信仰は信用なり 】

【『光』十三号、昭和二十四年六月十八日 】