風水の原因は天地間の浄化作用

昔から謂われている風水火の大三災、飢病戦の小三災とは如何なるものであるか、之について其根本義をかいてみよう。風水の原因は天地間の浄化作用であって、何故浄化作用が発生するかというと、霊界における曇り即ち眼に見えざる汚濁が推積するのである、それを風力によって吹き払い、雨水によって洗滌される、それが為の暴風雨である、然らば右の如き曇りとは如何なるもので如何にして推積するかを解説してみるが、それは人間の想念と言霊によるのである、即ち想念の悪に属するものとして不平、憎み、呪い、嫉み、個人的怒り、偽り、復讐心、執着等が、霊界を曇らすのである。次に言葉であるが、気候が悪いとか悪天候とか米の不作とかいうような自然に対する不平や、人に対する非難攻撃、怒号罵声、秘密欺瞞、咎め、愚痴等、凡て悪から発するものは想念界の次位である言霊界を曇らすのである、それ等種々の曇りの推積の量がある程度を越ゆる時一種の毒素が発生し、人間生活に支障を来すことになるので、その自然浄化作用が発生する、それが天地の法則である、前述の如く霊界の曇りは人間の健康にも影響すると共に草木特に農作物にも悪影響を与える結果凶作の原因ともなり、害虫の発生も旺盛になるのである、故に今日日本各地に於る松や杉を枯死させる害虫の発生も此理によるのであるから、人間が大いに向上しない限り、之を防ぐ事は難しいのである、言い換えれば日本人自身の過が、自分の国の松や杉を枯死さしているという訳であるから、人間の想念と言霊は大いに慎まなければならないのである。

 

【『光』二十二号、昭和二十四年八月十三日 大三災と小三災より】

【著述篇7 P316】