御教え集31号 ③今年の節分は国常立尊様がこの世に現われる

二月六日

今年の節分は非常に意味があるのです。

私としても非常に大きな奇蹟があったのですが、それはまだ言うわけにはゆきませんが、いずれ話をします。この節分という意味は、大本教と非常に関係があるのです。ごく古い、神代というのですが、神代といっても、空漠たるものでなくて、神格を得た人間が住んでいた時代で、いわばこの前の昼間の世界といったようなものです。そのときに世界を主宰していた神様が国常立尊という神様です。

この神様は非常に厳正な神様で、間違ったことは許さないというような政策をとったために、非常に多くの神様・・・八百万の神・・・から、その時分でも世論が、どうもあんまりやかましすぎてとてもやりきれない、だから押し込めてしまったほうがよいというので、排斥運動、押込運動をした結果、押し込められたのです。それで艮(東と北の間)のある地点に押し込めたのです。そうして、ふたたび世の中に出てこれないようにというので、豆を炒ってまいて、そのときに「炒豆に花が咲いたら出てきてもよい」と・・・もっとも、炒った豆が芽を出すはずがないのですから・・・それを条件のようにして押し込めたのです。それで非常に悪い神様としたのです。これは大本教のお筆先にありますが、「悪神、たたり神と申して、われを押込めたのであるぞよ」というわけです。それで、鬼門は悪神だからして、鬼門に向かって越したり、いろいろなことをすると恐ろしいというような説を作ったわけです。それでなにごとも、鬼門は恐ろしいというように教育したようなわけです。それがいまもって続いているので、人は非常に鬼門を嫌うのです。ところが事実は反対で、たいへんな良い立派な神様です。ただ、あんまり正しすぎたためにそういうことになったのですが、その根本はやはりそのときに夜の世界になったわけです。そこで、国常立尊様は火の系統ですから、夜の世界ではまず隠退しなければならないことになるわけです。それがまず、お筆先には三千年としてあります。それでいよいよ三千年たったので、今度は御自分が、時節が来たので世の中に出る、と・・・出るについては、いろいろな・・・お筆先には三千世界の大芝居ということになってます。この押し込めた系統の神様・・・総大将は天若彦尊という神様で・・・これはよく天邪鬼ということを言いますが・・・その神様が総大将で、あといろいろな神様がその一派に属したわけです。その押し込められたときには、わずかな部下を連れて隠退されたが、それから命がなくなって、死んで霊界に行って、三千年の間、閻魔大王になったということになっているのです。お筆先には「今度は、われはこの世の閻魔と現われて、世の立て替え立直しを致すぞよ」とあります。ということは、審判をされるということです。いままでは霊界の死んだ霊を審判したが、今度は生きた人間の審判をするということです。つまりもう悪は許さないということになるのです。そのために大本教というものをつくったのです。私が大本信者になって、そういうことをいろいろ・・・表面的のことも、裏面・・・霊的のこともすっかり分かったので、大本を脱退して、観音教から救世教というふうにつくったのです。お筆先の一番冒頭に「三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ。梅で開いて松で治める神国になりたぞよ。日本は神国。この世は神がかまわなゆけぬ世であるぞよ」というようなことが書いてあるのです。「三千世界一度に開く梅の花」と言って、梅というのは非常に重要なことになっているのです。それで艮の金神様は、霊界では閻魔大王となり、現界では観世音菩薩となるのです。観世音菩薩は兄の花姫になるのですが、兄の花姫は神界のお働きで、伊都能売の神になるのです。これは兄の花姫と木の花姫とありますが、兄の花姫というのは兄の花といって梅になるわけです。梅が先に咲くから兄の花になるわけです。それから木の花咲爺姫というのは桜の花になるのです。この場合は仏界のお働きで、木の花咲爺姫は観音様になるのです。富士山の木の花咲爺姫は頂上の真ん中に祀ってあります。頂上の上り口の右側にあるのが、久須志神社としてありますが、これは九頭龍権現といって、木の花咲爺姫の守護神になるわけで、龍で守護しているわけです。これが私に憑った龍神です。それで、木の花咲爺姫は桜であって、これは仏の働きになるのです。ですから兄の花姫は神様の働きになるのです。それで木の花咲爺姫は仏の働きだからして、最初インドに出られたわけです。ですから仏のほうでは桜の花になってますが、これはそういう因縁になるわけです。そこで今年の節分は、いよいよ艮の金神様がこの世の閻魔と現われるという最初になるわけです。ですから、これから審判が厳しくなるわけです。けれどもこれは最初からパッとやるわけではなくて、神様のほうはジリジリと、つまりだんだん育つようになって行きます。そのためかもしれないが、最近いろんな汚職事件が重なり合って出てきましたが、こういうのも一つの現われではないかととれるのです。(中略)それで、そうなった結果はどうだというと、つまり善悪の立て分けということになっているのです。ということは、善のほうが勝ってゆき悪のほうが負けてゆくのです。そうすると救世教が発展するということになります。こんなよい、すばらしい宗教が、こんなにグズグズしているわけがないので、ドシドシ発展しなければならないわけです。しかし発展が遅いということは、つまり悪のほうが押さえているからです。だから、これが分かって、感心して、信者になり、人にもならせなければいけない、と、そう思っていながらだんだん弱ってゆきますから、そうすると順調にゆくわけです。

節分の意義を話したわけです。

 

【御講話篇12 p190】