車同士の接触事故に遭遇、怪我もなく車に傷もないという 奇蹟

感謝奉告
この度 車同士の接触事故に遭遇しましたが怪我もなく、車に傷もないとい
御守護を頂きました。

その4日前からを振り返ってみました。

2021年1月27日
Tさんにお願いしていた感謝奉告がメールで届きました。
素晴らしい内容でTさんの人を救わせて戴きたいとの熱い思いにメシヤ様から大きな御守護を戴かれた内容です。
何度も読み返している内に自分自身の祈りについて気付かされた事がありました。
メシヤ様にお使い下さい。
御手足とならせて下さい。
と祈っていますが良く考えてみたら自己愛ではと思えて来ました。
その前に人を救わせて下さいという 利他愛に欠けていると思い、その日から
どうか人を救わせて下さいと真剣に祈る事が出来ました。

2021年1月30日
奈良にある自然栽培の畑
ナチュラルファームへ御奉仕の為 Mさん、Sさんと共に早朝より出発しました。
運転はMさんがして下さり、
私は助手席に乗っていました。
40分位走った頃です、三車線の広い道路で 一番右車線を走っていました。
気が付くと中央車線を走っていた白い車が車線変更をして私達の車に近づいてきます、距離感がズレてるのではと思った瞬間 ガシャン、ガリガリと大きな音と共に衝撃を感じました。
助手席側がかなり傷になっているだろうと止まった車から降りてみるとミラーは内側に倒れていましたが車には1ミリの傷もありません。
もちろん3人共身体は無傷でした。
接触してこられた方も急いで降りてこられ何度も申し訳ありませんと謝罪されています。Yさんというお名前の方でした。
大変恐縮されて動揺されていたので顔色も悪かったと思います。
私達は大丈夫ですが
そちらはどうですかと尋ねますと大丈夫ですとの返事でした。
Yさんと共に車の状態も無傷である事を再確認して、後ほど連絡させて頂く為に
連絡先をお聞きしました。
車にも霊衣があって跳ね返して戴き、有難いことに大難を免れる事となりました。

畑の御奉仕を昼頃に終えて
Sさんの感謝奉告のお手伝いをさせて頂きました。
夕方には完成しましたので
朝 接触されたYさんにこちらの無事とYさんの状態を確認するため電話をしました。
お伝えしたい事がありますので明日の日曜日に会う約束をしました
お住まいが本部の近くでした。
偶然とは考えられませんでした。
Yさんのご先祖様がきっと
接触事故を起こして迄も
子孫を救いたいとの思いだと受け止めさせて頂きました。

2021年1月31日
P M13時
約束の時間より随分早く着かれていたようです。
緊張されていましたので
昨日の事故は奇跡でしたねと話しかけながら本部まで
ご案内しました。
Yさんもあの事故で何事も無かったのは本当に奇跡ですと大変不思議に感じておられたので御浄霊のお話しをさせて頂きました。
Yさんは普段から薬を信じていない方で薬毒のお話を真剣に聞かれていました。
御浄霊を受けられた後に
始めて御浄霊を知りましたが本当に素晴らしいお力なんですねとおっしゃっていました。
どうかこの方が救われますように祈らせて戴きます。

Tさんの感謝奉告から始まり、人を救わせて戴きたいと利他愛の祈りの重要性を気付かせて頂きました。
又 事故の際、車を運転して下さっていた Mさんは
一連の流れのなかで感謝奉告の大切さを受け止められてご自身も戴かれた御守護の感謝奉告をしたいという気持ちになられました。
感謝の輪が広がりつつあります。
メシヤ様 この度は誠に有難うございました。