御用に当たって

御用に当たって

たゆまぬ努力が成功のもと

ある時、私は、自分の智慧のなさを嘆いていた時、明主様は『才能のある者は、とかく才能に溺れ、努力をしないで失敗する者が多いし、すぐれた才能がなくても努力する者は、大成功とはいかなくても、ある程度の成功はする。人間は少しずつでもよい。努力をし...
御用に当たって

常に執着をなくす心がけ

あるときの御面会で、ご講話も終わりに近づき、明主様は一段とお声を強くせられ、「きょうは、みなさんにおみやげとして良いことを教えましょう」とのお言葉に、思わず聞き耳を立てた私たちに、執着というものが、いかに間違ったことであるかをお説きいただ...
御用に当たって

細かいところに気をつけろ

ある日、明主様は、つぎのように御教え下さったことがあります。 『信仰っていうと、神様へお詣りしたり、お願いごとをしたりすることだと思っている人が多いが、そんなことは第二で、こまかいところへ気のつくようになることが第一だ。大きな堤も蟻の穴か...